国家資格のために通おう

鍼治療

東洋医学というと師匠に弟子にしてもらって学ぶというイメージを持っている方もいるでしょう。しかし、鍼灸師になりたいのなら、いくら素晴らしい師匠を見つけても意味がありません。なぜならば、資格がなければ鍼灸師として活動しては駄目だと、日本の法律で決まっているからです。そのため、師匠を見つけて技術を学ぶのはよいですが、鍼灸師になりたければ学校に通って資格を取得するようにしましょう。さまざまな都道府県に鍼灸師の学校があるので、そちらに通えば資格を目指して頑張ることができます。ちなみに、資格がなければ実践は無理なので効率的に学ぶためにも、師匠を見つけるのなら、学校を卒業したあとにすることをおすすめします。

就職先を見つけられる

鍼と本

学校は鍼灸師の勉強ができるだけではなく、仕事を探すための手段としても大活躍してくれます。多くの学校には就職サポートが用意されているので、鍼灸師としての働き先を卒業前に見つけることが可能です。自分で探すよりもずっと多くの情報が得られるので、満足できる職場で鍼と灸を使って活躍できるでしょう。ただし、就職サポートがあまり上手くはない学校もあるため、働くことを最優先に考えているのなら、卒業生の就職率を知ってから入学したほうがよいです。

3年間通うことになる

模型

鍼灸師になるための学校は、カリキュラムを終わらせるまで最低でも3年間通わなければいけないようになっています。国家試験を余裕でパスできるくらいの知識や技術力を身につけられたとしても、1年や2年などに短縮されることは絶対にありません。そのため、自宅から通いやすいところを選んだほうが、余計な苦労をせずに鍼灸師の勉強を行えるでしょう。もちろん、よい学校を選びその近くに引っ越すという手段もあるので、好きなほうを選びましょう。

鍼灸マッサージ科があるところも

鍼治療する女性

さっそく受験しようと学校を調べていて、鍼灸マッサージ科の存在に気がついた方もいるでしょう。じつは、鍼灸師はマッサージ師とセットで学ぶことができる資格なのです。しかも、鍼灸師単体と同じで3年間通えば、両方の国家試験を受けられるようになるので、かなりお得だといえるでしょう。ただし、お得だということで人気があって、鍼灸マッサージ科はかなりの狭き門となっているのが現状です。そのため、鍼灸師だけでよいと考えるのなら無理して、セットになったものを選ぶ必要はありません。きちんと技術を身につけられる学校を選定できれば、鍼灸師の資格だけでも十分過ぎるほど活躍ができるはずです。